【数学的に証明】一発屋にならず継続して稼ぐアフィリエイトの収益公式

管理人のシュガーです。

アフィリエイトにも芸能界と同じく一発屋という現象があり、
稼げたのは一瞬だけ・・・というケースが少なくありません。

逆に、継続して稼げる仕組みさえ構築してしまえば、
ほぼ自動であなたの銀行口座を満たしてくれるようになります。

例えるなら、

何冊も出版した本から無尽蔵に発生し続ける印税収入、
何部屋も所有しているマンションから定期的に発生する家賃収入。

あなたが満足いく月収に達したならば、
自動的に収益が発生し続けるため、
そこで作業を止めることが出来るんですね。

あなたが欲しいと思う収入を決め、
自在にコントロール出来るということ。

「でも、そんあオイシイ話、胡散臭いし・・・どうやって稼ぐわけ?」

そんな疑問が湧きあがってくると思います。

ただ闇雲に作業を繰り返すのではなく、
アフィリエイトの収益を解析した公式に当てはめ、
合理的に自動化していきます。

それがこちらの公式になります。

アフィリエイト収益=アクセス×成約率×報酬単価×紹介回数

ここの×は掛け算という意味ですので、
これら4つの要素をそのまま掛け合わせた結果が、
あなたの収益になるということです。

・媒体へのアクセス数
・紹介した商品が購入へ至る成約率
・商品自体の報酬単価
・1人に対しての紹介回数

「なぜ、これら4つの要素が必要なのか?」

このような疑問を1つずつ解消していきたいと思います。

媒体へのアクセス数

まずは報酬発生の素となるアクセス。

いくらライティングスキルに磨きをかけても、
集客出来なければ無ければ何も始まりせんよね。

コンビにで例えるなら、

・海岸付近の町
・山の手線構内

当然、後者が客足が多くなるので利益が上がりますよね。

10人に紹介して5人が買ってくれるような商品を用意しても、
お客さん(アクセス)が来なければ売上は0行進ですね。

あなたが運営するブログやメルマガなどの媒体へアクセスを集める。

これが第一歩となります。

紹介した商品が購入へ至る成約率

集めたアクセスをお金に変えるためには、
購入に至る成約を高めていく必要があります。

せっかく集客しても誰も商品を購入してくれなければ、
当然、収益は一切発生しませんよね。

成約に結び付く確率を5%でも10%でも上げることにより、
アクセス数に対する利益率が天と地ほど変わってくるんですね。

100アクセスの成約率を5%から10%に上げてみますね。

成約件数が5⇒10になるので単純に収益が2倍になるんですね。

この成約率をグッと上げることで、
初期段階の少ないアクセスでも十分に稼ぐことが出来ます。

後は、さらにアクセス数を伸ばすだけで収益はグングン膨らんでいきます。

長期的に大きく稼ぐためには成約率は重要なポイントになります。

商品自体の報酬単価

アクセスも集め成約率も確保出来た・・・

ここで、あなたの収益を大きく分けるのが報酬単価になるんですね。

1件200円の報酬単価で10万円を稼ぐためには、
500件の成約数が必要になります。

成約率が1%だとしたら50,000のアクセス数が必要なので、
いかに単価の低さが障壁になるかご理解頂けるかと思います。

もし、報酬単価が10,000円ならば、
成約数はわずか10件で10万円に到達出来てしまいます。

報酬単価を上げることにより、
必要なアクセス数や成約率のハードルが低く済むため、
堅実に稼ぐ近道になるんですね。

1人に対しての紹介回数

意外と盲点になりがちな要素が紹介回数で、
これを高めることで2つのメリットが得られます。

・色んな商品を購入してもらって客単価を上げる
・その場で購入に至らなくても、後に買ってもらえる可能性がある

お店で言うところの常連客になってもらうことです。

あなたのブログをお気に入り登録してもらったり、
メルマガを発行して読者になってもらうことですね。

紹介する商品を次々に購入されれば、客単価がグッと高まります。

アフィリエイトでも客単価と共に収益が比例するのは言うまでもありません。

アフィリエイト公式の事例

以上が、アフィリエイトにおける不変の収益公式となります。

全てを満たすことにより一発屋にならず長期的に稼ぐことが出来るんですね。

収益=アクセス×成約率×報酬単価×紹介回数

これら4つの要素は全てが掛け算なので、
同時に高めることによって、
あなたの収益が大きく膨らむわけです。

逆に、どれか1つでも欠けることで、
全く稼げないということなんですね。

なぜならば、0は何を掛けても0だから。

いくら毎日10,000アクセスを集めようが、
成約率が0なら収益も0ですよね。

分かりやすく事例を挙げてみますね。

【例1】
・アクセス:100
・成約率 :5%
・報酬単価:10,000円
・紹介回数:とりあえず1回

これを公式に当てはめると、

100×0.05×10,000×1=50,000円の収益

このように、50,000円がすぐ稼げるわけです。

後はアクセスを100から200、200から1,000と増やしていけば、
100,000円、500,000円と倍々に収益が膨らむのです。

では、どんな順序で4つの要素を高めることが効率的なのか、
これを考えるため、もう1の具体例をご覧下さい。

4つの要素を高める手順

【例2】
・アクセス:500
・成約率 :5%
・報酬単価:500円
・紹介回数:とりあえず1回

収益=500×0.05×500×1=12,500円
になりましたね。

この例2は先ほどの例1に比べ、
アクセス数を増やして報酬単価を減らした事例です。

例1=50,000円
例2=12,500円

数週間後、数ヶ月後と考えていくと、
例1の方が圧倒的に稼げていますよね。

要は、報酬単価が高い商品も扱うということ。

すぐに稼げるアドセンスや楽天アフィリエイトだけではなく、
報酬単価が高い商品も同時に紹介していけば、
グングンと収益が伸びていくわけです。

その商品に対して、残りの要素である、
アクセス、成約率、紹介回数、
これらを高めていく方法が合理的なんですね。

報酬単価が高い商品をアフィリエイトする

成約率と1人に対する紹介回数を増やす

そこにアクセスを集める

200円の報酬単価より5,000円、
5,000円より10,000円。

いくらアクセスを集め成約率を高められようが、
報酬単価が低ければ大きく稼ぐことは難しいですよね。

まずは報酬単価が高い商品も同時に扱う方針にします。

そして、商品を紹介する回数と成約率を高める仕組みを作り、
その仕組みにアクセスを流していく。

後は、アクセス数に比例してあなたの収益が増えていくということです。

情報商材をアフィリエイトする戦略

一般に報酬単価が高い商品は、
値段そのものが高いということになるので、

「値段が高いのに成約率を上げられるのか・・・?」

という心配が生じますよね。

そこで、値段が高くても成約率を上げやすい商品、
これをアフィリエイトしていく必要があります。

それが、デジタルコンテンツ=情報商材なんです。

PDF(電子書籍)や動画、音声などを販売し、
価格に対する50%前後の報酬が頂けるものですね。

資格講座のユーキャン、電子書籍、スマホやパソコンのアプリ、
スカパー、通信講座や新聞、アダルト動画など、
今じゃ我々の周りは情報商材(デジタルコンテンツ)だらけ。

特に、ノウハウ系の情報商材は、
人の悩みを解決するものとして非常に良く売れています。

ゴルフや野球、サッカーなどのスポーツ関係、
稼ぐ系ではギャンブルや投資、ネットビジネスなど、
恋愛術や男女の営みに関するハウツー、
ダイエット、会話術や友達作りなど・・・

とにかく、ノウハウ系の情報商材は何でもありますし、
メールやスカイプなどによる通信サポートが付随し、
さらにはツールや返金保証も付いてきます。

だから、数千~数万でも売れるわけです。

今あなたの部屋にある本や洋服、パソコンや家電などにしても、
開発するにはコストが膨大にかかります。

また、購入者の数だけ商品コストがかかってしまいますが、
情報商材は10万人に販売しようが1回作れば良いだけだし、
ダウンロードするだけだから、送料も当然不要。

だからこそ、報酬単価が異常に高いわけです。

値段は数千~数万、報酬率は30~60%がザラなので、
あなたが仮に報酬率50%の16,800円の商材を紹介すれば、
たった1回でも成約するだけで8,400円が振り込まれるわけです。

そして、

アフィリエイトする商品に対し独自に特典が付けられるため、
ライバル達と差別化が出来て競合を避けることに繋がるのです。

独自特典を付けて「売って下さい」と言わせる販売方法

あなたが紹介する情報商材に独自特典を付ける戦略で、
成約率を異常なまでに高めることが出来るのです。

少し言葉が汚いですが、お客に土下座させる販売方法
と言っても過言ではないんですね。

普通、物販などのアフィリエイトでは、
あなたが紹介する商品に対し特典を付けることは出来ません。

特典戦略は、情報商材をアフィリエイトする特権ですね。

紹介する商品に特典を付けることで、
他のアフィリエイターとの競合を避けられるし、

「お!この特典欲しいわ・・・」

と読者に思わせることで成約率がグンと上がるわけです。

例えば、アイドルグループのCDに付いている握手券や、
ライブ応募券など・・・

今はダウンロード全盛期の時代でCDが全く売れないのに、
特典があるだけでバンバン売れてますよね。

あなたと同じ商品を扱うライバルが多数いても、
特典を付けるだけで成約率を高めることが出来るのです。

もしも、あなたが何らの商品を買う場合、
特典無しで買うよりも値段が一緒なので特典付きを買いますよね。

また、特典の内容次第では、

「特典だけでも売ってもらえませんか?」

と、既にその商品を持っている人に対してもアプローチすることが可能になります。

特典を売ってくださいと頭を下げてもらうような形で、
収益に繋げられるんですね。

元々は見知らぬお客さんがコアなあなた信者になり、
商品を紹介する度に次々と売れていくわけです。

アフィリエイト収益公式まとめ

一発屋にならず長期的に大きく稼ぐための指針として、

収益=アクセス×成約率×報酬単価×紹介回数

の重要性と特典戦略まで解説してきました。

・何冊も出版した本から無尽蔵に発生し続ける印税収入
・何部屋も所有しているマンションから定期的に発生する家賃収入

このような収益をアフィリエイトで実現出来るようになるわけです。

今回紹介した公式に沿って具体的なノウハウを解説していますので、
他の記事もご覧になってみて下さいね。

>>目次一覧へ

追伸:

今回の記事は少し抽象的だったので、

「もっと詳しく解説して欲しい。」

など感じましたら、お気軽に連絡して下さいね!

>>質問や相談はこちらからお待ちしております

シュガー〆

>>コンテンツ一覧(トップページ)へ戻る

無料メルマガ

当ブログと並行して、これらのPDF教材教材と共に
最新情報を届ける無料メルマガも運営しております。

あるアフィリエイター集団のアフィリエイトノウハウ
・稼ぐアフィリエター達が扱うテーマや商材の具体事例
・約3アクセスに1成約を達成したアフィリエイトのためのコピーライティングスキル
・無料ブログ1つで月10万を目指す~アドセンスと情報商材のコラボアフィリエイト~
・あなたの趣味趣向を活かす~継続報酬形態の収益を実現するアフィリエイト~

>>無料メルマガと配布PDFの詳細はこちら

オススメ記事

>>【数学的証明】一発屋にならず継続して稼ぐためのアフィリエイトの収益公式 

>>稼ぐために必須な【たった2つのスキル】について 

>>アフィリエイトでコピーライティングを習得する意義と可能性

>>SEO対策~ブログアフィリエイトで稼ぐためにアクセスを集める7つの方法~ 

コメントは受け付けていません。